シミ・シワ・たるみが手遅れになる前に、今から始める春の対策。

こんにちは。
Beauty & Healthy ATSUTA(ビューティー&ヘルシーあつた)店主の熱田育子です。
当店は大阪寝屋川市の萱島駅近くで化粧品・エステの専門店です。
50年以上も続けられているのは、多くのお客様に支えられてきたおかげです。
いつも本当にありがとうございます。


さて、本日からブログを開始します。
拙い内容かもしれませんが、多くのお客様に喜んで頂けるように努力いたしますので、温かく見守ってくださると幸いです。

1日にどのくらいの時間紫外線を浴びているのか?

シミ・シワ・たるみなど、年齢と共に徐々に悩みが増えていきますよね。
だけど、「これは年齢だから仕方がない、、、」と諦めていませんか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、肌の老化の80%は紫外線によるダメージが原因ともいわれ、「浴びた紫外線の量」によって、見た目に差が出てしまうのです。

地球温暖化の影響なのか、春の日差しも年々強くなってきているような気もします。
実は、紫外線は3月から急増!5月になると「真夏と変わらない量が降り注ぐ」なんてことも言われています。

今回は1日にどのくらいの時間紫外線を浴びているのか?
そして、どのような対策をすれば良いのかについてお伝えします。

早速ですが、人は1日にどのくらいの時間、紫外線を浴びていると思いますか?

結論から言うと実は、約2時間も浴びていることになります!

内訳としては、こんな感じです。

  • 朝のゴミ出し・洗濯物干しなど:20分
  • ウォーキング・ペットの散歩など:30分
  • 通勤・昼休みの外出など:30分
  • 電車・バス・車などでの移動:10分
  • 買い物:30分
1日で紫外線を浴びている時間

1つ1つはほんの5分、10分だけど、積み重なると1日トータル約2時間も浴びている計算になります!
油断は禁物ですね。

シミ予備軍が隠れているかも!?

また、今はシミがない方でも、「シミ予備軍」が隠れている可能性があります。
「シミ予備軍」は紫外線や加齢、ストレスなどに刺激されてある日突然現れるんです!

この「シミ予備軍」を表に出さないために、毎日の地道な紫外線対策が不可欠。
遅くとも春から(できれば一年中)、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行いましょう。

シミ予備軍

対策はズバリ!紫外線ダメージを寄せ付けないこと!

大切な日焼け止め3ヵ条をお伝えします。

1.室内でも日焼け止めは塗りましょう!

シワ・たるみを引き起こすUV-A液は窓ガラスを通過します!
外出予定がなくても必ず日焼け止めを塗りましょう。

2.正しい使用量を守りましょう!

日焼け止めは、使用量を守ることで、SPF・PA表記通りの効果を発揮します。
少なめに塗ると効果は半減してしまうのです。

3.こまめに塗り直しましょう!

日焼け止めは時間が経つと汗や皮脂で自然と落ちてしまいます。
こまめに塗り直すのが肝ですよ。

豆知識 1年前の日焼け止めは使っても良いのか?

できるだけ新鮮なものを使いましょう。
化粧品にはそれぞれ、開封後の品質を保持する期限があります。

安心してお使いいただくためにも、期限内に使いきることをおすすめします。
捨てるのはもったいなくて…と迷った場合は、皮膚の薄い顔ではなく身体に塗って使い切ってしまうのもおすすめです。