紫外線ダメージを受けないスキンケアの方法

こんにちは。
Beauty & Healthy ATSUTA(ビューティー&ヘルシーあつた)店主の熱田育子です。
当店は大阪寝屋川市の萱島駅近くで化粧品・エステの専門店です。
50年以上も続けられているのは、多くのお客様に支えられてきたおかげです。
いつも本当にありがとうございます。

さて、本日も美容・健康に役立つ情報を掲載します。

紫外線ダメージを受けないスキンケアの方法

紫外線は3月から急増して、4月から5月になると「真夏と変わらない量が降り注ぐ」なんてことも言われています。
肌の老化の原因は80%が紫外線によるという説も。

関連記事でもっと情報を知る
『シミ・シワ・たるみが手遅れになる前に、今から始める春の対策。』

「浴びた紫外線の量」によって差が出てしまうシミ・シワ・たるみ。。。
どうにかしたいですよね。
であれば、紫外線のダメージを受けないためのスキンケアが大切です。

美容も健康も1日にして成らず。
毎日のコツコツしたキレイになるための努力が欠かせませんよね。

対策はズバリ!肌の”潤い”を保つこと!

潤っている肌にはバリア機能が働きます。

潤いが不足した肌は、紫外線ダメージを受けやすい!

潤いがなく、バリア機能が低下した肌は、紫外線が侵入しやすいです。
また、細胞の生まれ変わりも滞りがち。
そのため、メラニンが蓄積され、シミになりやすい状態に。
化粧品の効果も感じにくくなります。

紫外線ダメージを受けやすい潤い不足の肌

紫外線ダメージを受けた肌にはシミ・シワ・たるみが現れます。



潤いが満ちた肌は、紫外線ダメージを受けにくい!

潤っている肌は、バリア機能が正常に働き、隙がないため紫外線の影響を受けにくい状態。
細胞の生まれ変わりもスムーズなため、メラニンも肌に溜まることなく排出されます。
そのため、化粧品で与えた栄養も行き渡ります。

紫外線ダメージを受けにく潤いが満ちた肌

紫外線ダメージが少ない肌は肌悩みも現れにくい。

春に紫外線対策するかどうかで、肌年齢は大きく変わってきます。
今の自分はもちろん、未来の自分ももっと好きになれるように、紫外線と上手に付き合っていきましょう。